まとめ湿原

適当にいろんなもの紹介していくブログ
他サイト最新記事

むかしむかし

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:05:00.207ID:ZzQGhznDd

むかしむかし、ある村に、心のやさしい浦島太郎(うらしまたろう)という若者がいました。





転載元: https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1551773100/


【広告】

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:05:20.006ID:/fB6vwnZ0

しかし


3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:05:36.011ID:ZzQGhznDd

 浦島(うらしま)さんが海辺を通りかかると、子どもたちが大きなカメを捕まえていました。


4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:05:54.403ID:ZzQGhznDd

そばによって見てみると、子どもたちがみんなでカメをいじめています。


5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:06:16.048ID:ZzQGhznDd

「おやおや、かわいそうに、逃がしておやりよ」


6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:06:50.347ID:ZzQGhznDd

「いやだよ。おらたちが、やっと捕まえたんだもの。どうしようと、おらたちの勝手だろ」


7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:07:03.522ID:ZzQGhznDd

見るとカメは涙をハラハラとこぼしながら、浦島さんを見つめています。


9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:07:16.761ID:ZzQGhznDd

浦島さんはお金を取り出すと、子どもたちに差し出して言いました。


10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:07:46.345ID:ZzQGhznDd

「それでは、このお金をあげるから、おじさんにカメを売っておくれ」


12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:08:09.683ID:ZzQGhznDd

「うん、それならいいよ」


13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:08:26.778ID:ZzQGhznDd

 こうして浦島さんは、子どもたちからカメを受け取ると、
「大丈夫かい? もう、捕まるんじゃないよ」
と、カメをそっと、海の中へ逃がしてやりました。


15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:08:50.084ID:ZzQGhznDd

さて、それから二、三日たったある日の事、浦島さんが海に出かけて魚を釣っていると、


16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:09:11.403ID:ZzQGhznDd

「おや? 誰が呼んでいるのだろう?」


17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:09:33.346ID:ZzQGhznDd

「わたしですよ」


18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:09:51.247ID:ZzQGhznDd

すると海の上に、ひょっこりとカメが頭を出して言いました。


19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:10:13.927ID:ZzQGhznDd

「このあいだは助けていただいて、ありがとうございました」
「ああ、あの時のカメさん」


20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:10:27.702ID:ZzQGhznDd

「はい、おかげで命が助かりました。ところで浦島さんは、竜宮(りゅうぐう)へ行った事がありますか?」
「竜宮? さあ? 竜宮って、どこにあるんだい?」


22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:11:16.162ID:ZzQGhznDd

「海の底です」
「えっ? 海の底へなんか、行けるのかい?」
「はい。わたしがお連れしましょう。さあ、背中へ乗ってください」


23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:11:38.528ID:ZzQGhznDd

 カメは浦島さんを背中に乗せて、海の中をずんずんともぐっていきました。
 海の中にはまっ青な光が差し込み、コンブがユラユラとゆれ、赤やピンクのサンゴの林がどこまでも続いています。


24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:12:06.685ID:ZzQGhznDd

「わあ、きれいだな」
 浦島さんがウットリしていると、やがて立派なご殿(てん)へ着きました。


25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:12:22.969ID:ZzQGhznDd

「着きましたよ。このご殿が竜宮です。さあ、こちらへ」


26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:12:52.585ID:ZzQGhznDd

 カメに案内されるまま進んでいくと、この竜宮の主人の美しい乙姫(おとひめ)さまが、色とりどりの魚たちと一緒に浦島さんを出迎えてくれました。


27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:13:08.119ID:ZzQGhznDd

「ようこそ、浦島さん。わたしは、この竜宮の主人の乙姫です。このあいだはカメを助けてくださって、ありがとうございます。お礼に、竜宮をご案内します。どうぞ、ゆっくりしていってくださいね」


28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:13:23.579ID:ZzQGhznDd

浦島さんは、竜宮の広間ヘ案内されました。


30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:13:36.282ID:ZzQGhznDd

浦島さんが用意された席に座ると、魚たちが次から次へと素晴らしいごちそうを運んできます。


33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:14:23.558ID:ZzQGhznDd

ふんわりと気持ちのよい音楽が流れて、タイやヒラメやクラゲたちの、それは見事な踊りが続きます。


34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:14:42.116ID:ZzQGhznDd

  ここはまるで、天国のようです。


35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:15:00.263ID:ZzQGhznDd

そして、
「もう一日、いてください。もう一日、いてください」
と、乙姫さまに言われるまま竜宮で過ごすうちに、三年の月日がたってしまいました。


37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:15:38.260ID:ZzQGhznDd

ある時、浦島さんは、はっと思い出しました。

(家族や友だちは、どうしているだろう?)


38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:15:52.414ID:ZzQGhznDd

そこで浦島さんは、乙姫さまに言いました。
「乙姫さま、今までありがとうございます。ですが、もうそろそろ家へ帰らせていただきます」


39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:16:00.876ID:TgCsXJqr0

ご馳走は踊ってる魚をさばいて刺身や焼き魚にしたもの


40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:16:06.261ID:ZzQGhznDd

「帰られるのですか? よろしければ、このままここで暮しては」
「いいえ、わたしの帰りを待つ者もおりますので」


41: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:16:21.582ID:ZzQGhznDd

すると乙姫さまは、さびしそうに言いました。
「・・・そうですか。それはおなごりおしいです。では、おみやげに玉手箱(たまてばこ)を差し上げましょう」


43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:18:04.572ID:ZzQGhznDd

「玉手箱?」
「はい。この中には、浦島さんが竜宮で過ごされた『時』が入っております。
 これを開けずに持っている限り、浦島さんは年を取りません。
 ずーっと、今の若い姿のままでいられます。
 ですが一度開けてしまうと、今までの『時』が戻ってしまいますので、決して開けてはなりませんよ」


44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:18:17.915ID:ZzQGhznDd

「はい、わかりました。ありがとうございます」
 乙姫さまと別れた浦島さんは、またカメに送られて地上へ帰りました。


45: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:20:26.562ID:ZzQGhznDd

 地上にもどった浦島さんは、まわりを見回してびっくり。
「おや? わずか三年で、ずいぶんと様子が変わったな」
 


46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:20:47.598ID:ZzQGhznDd

確かにここは浦島さんが釣りをしていた場所ですが、何だか様子が違います。
 浦島さんの家はどこにも見あたりませんし、出会う人も知らない人ばかりです。
「わたしの家は、どうなったのだろう? みんなはどこかへ、引っ越したのだろうか? ・・・あの、すみません。浦島の家を知りませんか?」


47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:21:30.308ID:ZzQGhznDd

浦島さんが一人の老人に尋ねてみると、老人は少し首をかしげて言いました。
「浦島? ・・・ああ、確か浦島という人なら七百年ほど前に海へ出たきりで、帰らないそうですよ」


48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:21:47.567ID:ZzQGhznDd

「えっ!?」
 老人の話しを聞いて、浦島さんはびっくり。
 竜宮の三年は、この世の七百年にあたるのでしょうか?


49: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:22:10.584ID:ZzQGhznDd

 竜宮の三年は、この世の七百年にあたるのでしょうか?
「家族も友だちも、みんな死んでしまったのか・・・」


50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:22:25.316ID:ZzQGhznDd

がっくりと肩を落とした浦島さんは、ふと、持っていた玉手箱を見つめました。
「そう言えば、乙姫さまは言っていたな。
 この玉手箱を開けると、『時』が戻ってしまうと。


51: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:22:39.540ID:ZzQGhznDd

・・・もしかしてこれを開けると、自分が暮らしていた時に戻るのでは」
 そう思った浦島さんは、開けてはいけないと言われていた玉手箱を開けてしまいました。


52: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:23:41.224ID:ZzQGhznDd

ああああぁぁぁぁ! 浦島さん の家が!!!   〈     . ’      ’、   ′ ’   . ・ 
                           〈     、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・”
                          〈       ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、 
YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY´     ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”; 
                              、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ; 
::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i                、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人 
::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i;                _、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、___ 
:::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;.               / ( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・/\ 
:::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i               / :::::. :::>>1 ´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ. _/    \ 
:::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'⌒i;         /    ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ__/       \ 
:::::::  i;"     ___,,,,,,,  `i"        /_______________/|          |\
::::::: i;    ,,;'""" `';,,,  "`i;          ̄|   _____  .______.  |          | 
::::::: |  ''''''i ,,,,,,,,,,  `'--''''"          |  |       |  |         |  |          | 
::::::: |.    i'"   ";                 |  |       |  |         |  |          | 
::::::: |;    `-、.,;''"                    |  |       |  |         |  |          | 
::::::::  i;     `'-----j             |  | ==== .|  | ===== .|  |          |


53: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:24:12.840ID:ZzQGhznDd

 すると中から、まっ白のけむりが出てきました。
「おおっ、これは」


54: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:24:30.503ID:ZzQGhznDd

けむりの中に、竜宮や美しい乙姫さまの姿がうつりました。
 そして楽しかった竜宮での三年が、次から次へとうつし出されます。
「ああ、わたしは、竜宮へ戻ってきたんだ」


56: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:24:53.232ID:YgbNygUAa

ドラえもんどっから出てきた定期


57: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:25:02.567ID:ZzQGhznDd

浦島さんは、喜びました。
でも玉手箱から出てきたけむりは次第に薄れていき、その場に残ったのは髪の毛もひげもまっ白の、ヨポヨポのおじいさんになった浦島さんだったのです。


58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/05(火) 17:25:19.762ID:ZzQGhznDd

めでたしめでたし
ご清聴ありがとうございました




【広告】


【最新記事】
[ 2019/03/05 19:32 ] まとめた 人工無能 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL